雑記

【悩みのタネ】人間関係に固執しすぎると広い世界を自ら閉ざしていくことになります。【自分がいる場所なんて、世界から見ればちっぽけ】

人間関係というものは、多くの人を悩ませる「悩みのタネ」の代表格でもあります。

職場でもプライベートでも、人間関係次第でその充実度は大きく変わってくると思います。

人間関係に困っていなければ仕事も趣味も身が入るだろうし、逆に困っていたらモチベーションの低下に繋がります。

しかし、誰しも少なからずは人間関係に何かしらの不満は抱いていると思います。人間、どんな人とも円満に過ごせる訳はありません。

けれども人間関係でクヨクヨしてしまうのかそれとも気にしないのか、それは個人の考え方で大きく変わってくると思います。

人間関係で悩んだり落ち込んでる人、こういう考え方を持ってみるとどうでしょうか。

「身の回り」はあくまで「自身の周り」

身の回りの人間関係なんて、あくまで自分が関わっている人間関係だけなんです。

例えば職場の人間関係に悩んでいるとしましょう。

どうでもいいことでも一々怒らないと気が済まない上司。挨拶してもなんだか素っ気ない先輩。

まぁ、典型的な職場のめんどくさい人達ですよね。

そんでもってこの人たちに何か言われようものなら「あー、自分はこんなことで怒られて本当ダメな奴だなぁ」なんて自己嫌悪に陥っている人、いるんじゃないでしょうか。

自分にとってめんどくさいと感じる人がいるのはぶっちゃけどうしようもありません。ある意味、運が悪かったとも言えます。

ですが、自分の考え方というのは自分自身で切り替えることは出来ます

こんなことで怒られて情けない」だとか、「ここで上手くやっていけないのか」なんて無駄に凹む必要はないんです。

気にする必要はありません。全く。適当にスルーしとけばいいんです。

なぜなら、あくまでそのコミュニティは自分の周りでしか過ぎないんですから

芸能人、有名人でもない限り、自分が関わるコミュニティなんて世界から見たらほんとちっぽけなものなんです。

そんな狭いちっぽけなコミュニティの中で何か引っ掛かることがあって、「どうしよう」「もうだめかも」なんて考えて顔を青くしたり赤くしたりするのは本当に無駄なんです。

世界は広いはずなのに、自身の周りの狭いコミュニティの中で起こっていることが全てだと錯覚して悩んでいる人が最近増えているんじゃないかなと思います。

会社の口うるさい上司がなんですか。プライベートで色々とウザ絡みしてくる友人・知人がなんですか。

「あー、この人はこういうことをしなきゃ自分を保てない人なんだな」と、冷めた目で見てやればいいんです。

そこに気づけたら、仕事を辞めることも、プライベートの人付き合いを改めることも、案外すんなりと実行出来るかもしれません。

-雑記
-

© 2021 アプリめし