雑記

【コロナ禍】離島在住の自分が思う、コロナウイルスの感染拡大状況

今、巷ではコロナウイルスの話題で持ちきりですね。

テレビやネットで、コロナ関連のニュースを見ない日はありません。

SNSでも#StayHome#家で過ごそう というハッシュタグがトレンドとなり、外出自粛の日々が続いています。

そんな中4月16日に、非常事態宣言が対象範囲が全国に拡大され、私が暮らしている離島も対象となりました。

先月の中旬あたりから、私が暮らしている離島でも毎日注意喚起の放送が行われています。

田舎出身の方なら分かる方もいると思いますが、各家庭に設置されているIP告知端末機を通して

朝10時頃、夕方6時頃に、感染者が島内で確認されたかどうかを毎日連絡してくれています。

この放送を聞き漏らさないことが日々の日課になってきてるんですよね・・・

感染者は確認されておりませんと言われれば、多少なりともホッとします・・・。

しかしながら、田舎のネットワークというのには本当に驚かされます。

「〜の転勤族の人がコロナかもしれなくて、病院で検査を受けたみたい!」という噂を先日耳にしたのですが、
既に周りのほとんどの人がその噂を知っていました。

市が連絡してる訳でもないのに・・・

どういうルートで噂が皆に広がっているのか、田舎のネットワークの仕組みは本当に興味深いです😂

何か悪いことしたら瞬く間に知れ渡りそうですからね。

そういう意味では、犯罪の抑止なんてことにもこのネットワークは一役買っているんでしょうかね。

中には、「〜の人がコロナ陽性だった」なんてデマもありました。

その日の夕方の放送で感染者がいないと放送があったのでデマだと分かったのですが😂

噂と市の放送、そしてネットの情報を収集しながら、何が正しい情報なのかを見極めなければならない毎日です😱

私の住んでいる離島は都会に比べれば3密になり得る箇所は少ないです。(電車も走ってないので・・・)

スーパーに行く時は、マスクでしっかり口元を塞ぎ、行き帰りはアルコール消毒・手洗いうがいを徹底しています。

ですがマスクももうすぐ底をつきそうです・・・😷

こういう時に離島の怖いところは、物流が限られていること🛳️

マスクや消毒液が無くなった日には、次いつ手に入れることができるか分かりません。

販売店も限られていますし、ましてや皆が狙っているとまず手に入らないのです。

先日起きたトイレットペーパー品薄デマ騒動では、なかなか再入荷されず大変でした😥

不要不急の外出を自粛されている方が日本中で多い中でも、未だに旅行に出かけたり、3密な場所に遊びに行ったりする人が多く、感染者も日々増加し続けています。

そういう方々には、自分が我慢すればその分苦しむ人が減るんだという気持ちを持って、これからの日々を送ってほしいです。

そして特に、離島への不要不急の来島は控えてください。

離島には十分な医療施設がない島もあります。そんな島で感染者が出た場合、大事になってしまいます。

「あの島は感染者いないみたいだから遊びに行こう。」なんて、この状況では絶対に考えないでください。

私もこの騒動が沈静化するまでは、島を出ないことに決めました。

自分が他所で感染してきて、島内に広めてしまわない為にも。

自分の行動、その一挙手一投足が誰かの人生を
大きく狂わせることになるかもしれない。

そういう自覚を持って行動します。

-雑記
-,

© 2020 アプリめし