PC・Web

【セミナー情報あり】webデザイナーであれば受けてみてもいい資格【HTML5プロフェッショナル 】

ポイント

webデザイナーの方は、HTML5プロフェッショナルの資格を受験してみるのもアリです。

仕事をする上で、資格というものは必ずしも必要なものではありませんが、資格を取得することで得られるメリットはたくさんあります。

例えば就職活動時、資格を持っていると、それだけのスキルを持っている人だとアピールすることが出来ます。

入社後も、資格によっては資格手当というものがあり、取得しているだけで給料がアップするものもあります。(月5千円〜1万円くらいですかね)

そして何より、自分はこれだけの知識は有しているんだと、いざという時の自信にも繋がります。

今回は、webデザイナーの方であれば受験してみてもいい資格「HTML5プロフェッショナル認定試験」を紹介します。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験はLPI-JAPANが運営する認定試験です。

レベル1レベル2の2つの資格に分かれています。

レベル2の方が、レベル1に比べて合格の難易度は高めとなっています。

レベル1を合格するには、HTML5の基本的な知識はもちろん、CSSやwebの基礎知識、サーバー間の通信についてなど、幅広いwebの分野を理解する必要があります。

レベル2はレベル1の分野をさらに掘り下げたものや、Javascript、セキュリティ関連の分野も範囲となっています。

レベル2の難易度はなかなか高く、実務をバリバリこなしているプロジェクトリーダークラスの人でも合格出来ない人が多いとか。

また、レベル1・レベル2両方の試験に合格しなければレベル2の資格取得は認められないため、合格した暁にはHTML5とWeb周りの知識は大方身についていることでしょう。

試験はCBT方式のためいつでも受験可能

HTML5プロフェッショナル認定試験は年何回と決まっておらずCBT方式(webテスト)となっています。

好きな日程で申し込んで最寄りのテストセンターに受験しに行けます。

そのため、急ぎでなければ自信が付くまでじっくりと勉強して試験に臨むことが可能です。

参考書や対策本は豊富

HTML5プロフェッショナル認定試験は有名な資格であるため、参考書や対策本は豊富に販売されています。

私のオススメはこの本です。

問題1つ1つに丁寧な回答がついており、後半では模擬試験用の問題も用意されています。

何度も解いて、身につけていきましょう。

7月12日にレベル1受験者向けの無料オンラインセミナーが開講予定

2020年7月12日(日)に、レベル1受験者向けのオンラインセミナーが無料で開講されます。

zoomで開講予定のため、資格に興味がある方は是非申し込んでみてください。

セミナーは先着200名だそうです。お急ぎください。

まとめ

今回はHTML5プロフェッショナル認定試験について紹介しました。

自分の今の実力を測りたい人、自信を付けたい人、就活に役立てたい人、是非受験してみてください。

-PC・Web
-, ,

© 2020 アプリめし