雑記

【運賃半額】JR西日本を利用するなら、金券ショップで株主優待券を探してみましょう。お得です。

ポイント

遠方まで新幹線で移動する方、株主優待券があると数千円は安くなります!

現在対馬に住んでいる私は関西へ帰省する際に新幹線をよく利用します。

しかし関西まで戻るとなると、格安の夜行バスでもない限り料金がまぁ高い...例えば博多〜新大阪間では普通車の自由席でも約15,000円掛かります。

往復で約3万円...帰省するだけで小旅行って感じです。

そんな新幹線の運賃ですが、料金を少し割引出来る小技があります。

それは、金券ショップで株主優待券を購入することです。

株主優待鉄道割引券

JR西日本では、株主の方々に鉄道割引券というチケットを配布しています。

これは片道1人あたりの運賃を50%割引、つまり半額にしてくれる破格のチケットです。

そんなチケットですが、株主といえども利用しない人は多いようで、金券ショップに結構な確率で流れています。

このチケットは、みどりの窓口で切符を購入する際に区間を自分で記入して見せればいいだけなので、誰でも利用できます。

そのため、金券ショップに流れた株主優待券を購入して自分で使うことも当然出来るようになっています。

金券ショップでは、株主優待券は1枚あたり5千円前後で販売されています。

往復のことを考えて2枚購入すると1万円、少し高いと感じるかもしれませんが

ちゃんとお得

例えば博多〜新大阪間の運賃は片道約15,000円

株主優待券を使用すると半額の7500円

株主優待券の購入価格5000円の差額を引いても2500円の割引

となります。つまり往復だと5000円も割引されるので、かなりお得です。

ただ、片道1万円以上の運賃区間でなければ効力を発揮しません(特にはなりません)

姫路〜新大阪間だと、片道約3000円です。

その区間で株主優待券を利用したとしても3500円分の損をすることになります。

長距離移動で運賃が片道1万円以上する場合にのみ、利用するようにしましょう。

まとめ

もうすぐ夏休み・お盆です。

移動する際に新幹線を利用される方、ぜひ株主優待券を金券ショップで探してみてはいかがでしょうか?オススメです。

-雑記
-,

© 2020 アプリめし