ブログ

Whois情報とは?そのまま公開すると危険?サイトやブログの個人情報を守るためにはwhois情報公開代行サービスを使いましょう

ポイント

個人情報を守るために、Whois情報公開代行を使いましょう。

Whois情報とは?

Whois情報とは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を誰でも参照できるサービスです。

簡単に説明すると、「ドメインを取得しているのは誰なのか、どの会社なのか」が、連絡先や住所等が一目で分かる仕組みです。

Whois情報を参照できるサイトはたくさんあります。例えばココ

https://whois.jprs.jp/

なぜこういった個人情報が公開されてしまうのか、目的は以下にあるようです。

ネットワークの安定的運用を実施する上で、技術的な問題発生の際の連絡のために必要な情報を提供

ドメイン名の申請・届け出時に、同一ドメイン名や類似ドメイン名の存在を確認するために必要な情報を提供

ドメイン名と商標などに関するトラブルの自律的な解決のために必要な情報を提供

https://jprs.jp/about/dom-search/whois/

もっともな事を言っているような気もしますが、個人情報筒抜けなのは勘弁してほしいですよね。

しかもこのWhois情報、公開が義務付けられています

それじゃあ世に出回っているサイト運営者の個人情報は全部筒抜けなのか?と言われると、実はそうでもありません。

Whois情報公開代行という仕組みを使えば個人情報を晒さずに済みます。

Whois情報公開代行

読んで字の如く、Whois情報の公開を代行してくれるサービスです。

これは、ドメイン取得サービスの運営会社やレンタルサーバーの会社が、Whois情報に掲載されるドメイン取得者の個人情報を自社の情報で代わりに公開してくれるものになります。

このサービスを使えばWhois情報を検索されたときに、個人の名前や住所が晒される心配がなくなりますし、各社の情報が代わりに載るため義務違反でもありません。

個人情報を晒したくない、という方はぜひこのサービスを利用しましょう。

Whois情報公開代行は無料・有料があるため注意

Whois情報公開代行サービスの利用は、無料の場合もあれば有料の場合もあります。

ドメイン取得サービスの場合、取得時に無料で設定するか選択できる場合が多く、後から設定する場合は有料になるケースが多いです。

レンタルサーバーでは、無料・有料は各社で対応が異なるため、サーバー契約時に確認しておくとよいでしょう。

まとめ

ドメイン取得時にWhois情報というものが公開されること自体、知らない人も多いようです。

個人情報を晒したくない方は、Whois情報公開代行を利用しておきましょう。

-ブログ
-,

© 2020 アプリめし