ブログ

【アドセンス合格後】ads.txtとは?ads.txtファイルのダウンロード、設置場所について紹介!

先日、Googleアドセンスの審査に合格したのでさっそく広告を設置しようと思いアドセンスの管理画面を開いたところ、こんな通知が来ていました。

ん?ads.txtファイルってなに?

ads.txtファイルの問題って言われても、そんなファイル作った覚えはありませんでした。

調べてみると、どうやら作っていないことが問題であるとのこと。

ads.txtはどうやって作るの?作った後はどこに置けばいい?

はい、作成方法や設置場所について紹介していきます。

ads.txtとは?

ads.txtとは、広告主を守るために導入され始めたものです。

近年、広告枠を偽装して、不正に収入を得ようとしているサイトが増えていました。

そのようなサイトに広告を設置されると、広告主側のドメインに悪評が付き、適切な評価を得られなくなってしまいます。

そのため、このサイトは安全なサイトですよというのを広告主側に安心してもらうために、ads.txtを設置することが推奨されています。

ads.txtを設置すると、サイト運営側の収益にも少なからず影響するようですね。

ads.txtの作成

アドセンス管理画面からダウンロード

アドセンスの管理画面でads.txtの通知を確認すると「ダウンロード」リンクがあると思います。ここをクリックするとads.txtファイルがダウンロードできます。

もしくは、自分で作成

自分でtxtファイルを作成する手段もあります。

ファイル内には以下文言を入れます。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

上記の「0000000000000000」の部分をサイト運営者IDに変更します。

サイト運営者IDはアドセンス管理画面の

アカウントアカウント情報

より確認できます。

ads.txtの設置場所

ads.txtはルートドメインに設置する必要があります。

設置場所を誤ると正しく機能してくれないので、注意が必要です。

参考までに私のサイトであれば、https://applimeshi.info/ads.txtですね。

ファイルのアップロード方法は各サーバー毎で異なる部分もあるのでここでは割愛します。

まとめ

ads.txtの作成・設置は現在必須ではありませんが、推奨はされています。

自サイトの収益に少なからず影響あるのであれば、やっておいて損はないです。

ads.txtの事を調べていると、app-ads.txtというのがあることも分かりました。

これはアプリ広告版のads.txtのようなものですね。

アプリ開発しておきながら今更知った。不覚です😂笑

アプリ開発者の皆さんはapp-ads.txtの設置を忘れないようにしましょう!

-ブログ
-, ,

© 2020 アプリめし