ゴーストオブツシマ

【琴のご神木】対馬市民が「GHOST OF TSUSHIMA」で聖地巡礼してみた⑩琴の大銀杏【ゴーストオブツシマ】

ポイント

ゲーム内の御神木のモデルとなったであろう、それはそれは立派な銀杏の木

記事が面白ければ、ぜひ自身のサイトやSNSでシェアしていただけると嬉しいです!励みになります!

大変長らくお待たせしました。

対馬市民が紹介するゴーストオブツシマの聖地巡礼シリーズ

第10弾は、長松寺にある巨木「琴の大銀杏」を紹介します。

過去の聖地巡礼シリーズの記事はコチラの一覧ページよりご覧ください↓

GHOST OF TSUSHIMA 記事一覧はコチラ

ゴーストオブツシマを実際に遊んだ方は、ゲーム内で銀杏(いちょう)をよく見かけていると思います。

例えば、ゲーム序盤にたどり着くことになる黄金寺

一面銀杏の木で、葉が散り乱れていますよね。とても綺麗です。

黄金寺=銀杏、なんて覚え方をした人もいるのではないでしょうか。

そんな銀杏ですが、現実の対馬にも、ゲームに負けず劣らずの立派な銀杏の木が存在します。

琴の大銀杏

こちらが「琴の大銀杏」です。

上対馬町の琴地区にある、長松寺(ちょうしょうじ)に生息しています。

樹齢約1500年の日本最古の銀杏であり、県の天然記念物にも指定されています。

1798年(寛政10年)には落雷の被害に遭い、木の幹が裂けて焼けてしまい空洞ができました。

その空洞には、近年まで稲荷の祠が祀られていたようです。

稲荷の祠...ゲームをやったことがある人にはもはや馴染み深い名称ですね。🦊笑

銀杏は、例年11月中旬あたりから色づいてきますが、色づくとこんな感じになります。

https://sp.jorudan.co.jp/leaf/spot_J0371.html

いやー、めちゃくちゃ綺麗ですね☺️

ゲームの洗練されたグラフィックで眺める銀杏にも負けず劣らずの、素晴らしい銀杏です!

ゴーストオブツシマでの「琴の大銀杏」

上で説明した通り、琴の大銀杏はその名の通り琴に生息しています。

ゴーストオブツシマでも、琴は地名として登場しており、そこには「琴のご神木」という大きな木が生息しています。

さっそく行ってみましょう。

到着しました。

大きな木が生息していますなんて書き方をしてしまいましたが...

蒙古軍に攻め入られたこの集落は焼け落ちており、ご神木もその被害に遭ってしまっています。

ひどい有様ですね😭

神木が攻め入られて焼け落ちるというのは、絶望感がとても大きいです。

元気な姿はどんなものだったのか、見てみたかったですね。

まとめ

今回は琴にある、琴の大銀杏についてご紹介しました。

これからの時期、綺麗に黄色く色づいてくるシーズンとなります。これから対馬に観光に訪れる方は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

GHOST OF TSUSHIMA 記事一覧はコチラ

-ゴーストオブツシマ
-,

© 2020 アプリめし