雑記

【Minecraft】PCで遊ぶ場合、統合版はWindowsのみ対応!Macには非対応のため注意!

Minecraft、面白いですよね😆

今では海外の学校で教育の一貫として遊ばれるなど、Minecraftはゲームの枠を超えつつありますよね。

そんなMinecraft(マイクラ)ですが、私は大学時代友人に勧められ、VプリカでPC版のマイクラを購入してはどハマりしていました。

その後もPE・PS3・Switch版と、中身は同じマイクラなのに色んなプラットフォームで買っては新しいワールドを作って遊んでました。

PC以外のマイクラではサーバーを自身で立てる必要がなく、誰かのワールドへとアクセスしてそこでマルチプレイができるため、非常にお手軽です。

PC版ではHamachi等を使って誰かがサーバーを建ててもらって、そこにアクセスしなければマルチプレイできなかったので、少し面倒でした。

...と思いきや、今はPCでも簡単にマルチプレイができるようになっていたんですね。

ただし、今までのPC版とは違った新版としてのマイクラがあるそうなので、それについて見ていきましょう

新版:MinecraftBE(統合版)

Minecraft for Windows 10 とも言います。

Windows10向けに開発されたPC版マイクラです。

新版といっても、発売は2015年7月ですね。5年近くも前です。

この統合版ではPC以外のプラットフォームとクロスプレイが可能で、サーバーも自分で建てる必要はありません。

旧版:Minecraft Java Edition(Java版)

統合版が発売される以前は、PC版マイクラといえばこちらのJava版でした。

こちらはマルチプレイする際、自分たちでサーバーを建てる必要があり少し面倒でした。

クロスプレイもできません。

しかし、公式でMODがサポートされているため、スキンやワールドに様々なカスタマイズが可能です。

その為、未だJava版のアクティブユーザーは多いようです。

Java版はMacでプレイ可能だが、統合版はプレイ不可

せっかくなら統合版を購入して、Switchで遊んでいる友達とマルチプレイをしたい!

と思ったのですが、Macしか持っていない私には無理でした。

統合版のマイクラは、MacOS非対応でした

for Windows10なんていうぐらいですからね・・・Macはダメでしたか・・・

MacOS非対応ということなので、MacにWindows10をデュアルブートしたり、仮装でWindows10を動かすなら出来なくはないでしょうが、Windows10のディスクを用意するだけでもうん万円します。それは厳しい😂

まとめ

PCでマイクラのクロスプレイをしたいなら統合版、統合版を遊ぶならWindowsを用意しましょう!

-雑記
-,

© 2020 アプリめし